人生において、自分が役に立つということ程大きな喜びはありません。どこを見ても闇ばかりで、数え切れない程の人々が道を見失い、悩み、苦しみ、悲しみに打ちひしがれ、朝、目を覚ます度に今日はどうなるのだろうかという不安と恐怖におののきながら生きている世の中にあって、たった一人でも心の平静を見出し、自分が決して一人ぽっちの見捨てられた存在ではなく、無限の愛の手に囲まれているという霊的事実に目覚めさせることが出来たら、これはもう立派な仕事というべきです。他のいかなる仕事にも優る大切な仕事を為し遂げたことになります。
 地上生活のそもそもの目的は、居眠りをしている魂がその存在の実相に目覚めることです。あなた方の世界は毎日を夢の中で過ごしているいわば生ける夢遊病者で一杯です。彼らは本当に目覚めてはいないのです。霊的実相については死んだ人間も同然です。そういう人達の中のたった一人でもよろしい、その魂の琴線に触れ、小さく燻る残り火に息を吹きかけて炎と燃え上がらせることが出来たら、それに勝る行為はありません。どう理屈をこねてみたところで結局は神の創造物-人間、動物、その他何でもよろしい-の為になることをすることによって神に奉仕することが何にも勝る光栄であり、これに勝る宗教はありません。
 こうした仕事の為に神の使節として遣わされている私達は幸せと思わなくてはいけません。もっとも、絶え間なく続く悲劇を目の当たりにしていると、それだけのことで嬉しい気分に浸れるものではありません。現実に何かの役に立った時、例えば無知を駆逐し、迷信を打破し、残酷を親切に置き換え、虐待を憐憫に置き換えることが出来た時、或いは協調と親善の生き方を身をもって示すことが出来た時、その時初めて地上の全ての存在の間に真の平和が訪れます。真の平和は一部の者のみが味わうべきものではないからです。そこには霊の力の働きかけがあります。それを是非とも地上に招来しなくてはならないからです。教会が何を説こうと、学者先生がどう批判しようと、霊力はそんなことにはおかまいなく働きます。そして、きっと成就します。
 その霊力が、道に迷ってあなた方のもとを訪れて来る人々に安堵、健康、苦痛の緩和、慰め、指導、援助のいずれかを授けてあげる、その道具となること程偉大な仕事はありません。無味乾燥な教義のお説教ばかりで霊力の一かけらもない教会、礼拝堂、集会、寺院等よりも遙かに意義ある存在です。
 病める人、苦痛を抱えた人、身も心も霊も悶え苦しむ人、希望を失った人、寄るべない人、人生に疲れ切った人、迷える人、こうした人々にお説教は要りません。説く人自らが信仰に自信を失っていることすらよくあるのです。説く人にも説き聞かされる人にも意味をもたない紋切り型の説教をオウムのように繰り返しても、誰も耳を傾ける気にはならないでしょう。欲しいのは霊的真理が真実であるとの証です。あなた方が真に奉仕の精神に燃え霊的能力を人の為に役立てたいと望めば、その霊力があなた方を通してその人達に流れ込み、苦痛を和らげ、調和を回復させ、麻痺した関節ならばこれを自由に動かせるようにし、そうすることによって霊的真実に目覚めさせることになることでしょう。
 ただ、この道には往々にして挫折があります。私共の仕事は人間を扱う仕事です。残念ながら人間は数々の脆さと弱み、高慢と見栄、偏見と頑迷さで塗り固められております。自分のことよりまず人の為と考える人は稀です。大義の為に一身上のことを忘れる人は殆どいません。しかし、振り返ってご覧になれば、そうした条件の中にありながらも、霊的な導きによって着実に使命に沿った道を歩み、これから先の歩むべき方角への道標がちゃんと示されていることを明確に認識される筈です。これまで一点の疑念も疑問の余地もない程その威力を証してきた力は、前途に横たわる苦難の日々を正しく導いてくれます。
 施しを受けるよりも施しを授ける方が幸せです。証拠を目に見ず耳に聞くこともなく、それでも尚この道に勤しむことが出来る人は幸せです。あなた方の周りには、あなた方より幸せの少ない人々に愛の手を差し伸べることを唯一の目的とする高級霊の温かみと輝きと好意と愛があります。
 地上へ誕生してくる時、魂そのものは地上でどのような人生を辿るかを予め承知しております。潜在的大我の発達にとって必要な資質を身に付ける上でそのコースが一番効果的であることを得心して、その大我の自由意志によって選択するのです。その意味であなた方は自分がどんな人生を生きるかを承知の上で生まれて来ているのです。その人生を生き抜き困難を克服することが内在する資質を開発し、真の自我-より大きな自分に、新たな神性を付加していくのです。
 その意味では〝お気の毒に・・・〟などと同情する必要もなく、地上の不公平や不正に対して憤慨することもない訳です。こちらの世界は、この不公平や不正がきちんと償われる世界です。あなた方の世界は準備をする世界です。私が〝魂は知っている〟と言う時、それは細かい出来事の一つひとつまで知り尽くしているという意味ではありません。どういうコースを辿るかを理解しているということです。その道程における体験を通して自我が目覚め悟りを開くということは、時間的要素と各種のエネルギーの相互作用の絡まった問題です。例えば予期していた悟りの段階まで到達しないことがあります。するとその埋め合わせに再び地上へ戻って来ることになります。それを何度も繰り返すことがあります。そうしている内に漸く必要な資質を身に付けて大我の一部として融合して行きます。
 自分が果たしてどの程度の人間か、どの程度進化しているかを自分で判断することは、今のあなた方には無理なことです。判断を下す手段を持ち合わせないからです。人間は霊的視野で物を見ることが出来ません。四六時中物的視角で物事を考えている為に、判断が悉く歪んでおります。魂への影響を推し量ることが出来ない。そこが実は一番大切な点です。肉体が体験することは魂に及ぼす影響次第でその価値が決まります。魂に何の影響も及ぼさない体験は価値がありません。霊の力を無理強いすることは許されません。神を人間の都合の良い方向へ向けさせようとしても無駄です。神の摂理は計画通りに絶え間なく作用しています。賢明なる人間-叡智を身に付けたいという意味で賢明な人間は、摂理に文句を言う前に自分から神の無限の愛と叡智に合わせていくようになります。
 そうした叡智を身に付けることは容易なことではありません。身体的、精神的、霊的苦難が伴います。この三つの要素の内の二つが絡むこともあれば三つが全部絡むこともあります。霊性の開発は茨の道です。苦難の道を歩みつつ、後に自分だけの懐かしい想い出の標識を残していきます。魂の巡礼の旅は孤独です。行けば行く程孤独さを増して行きます。
 しかし、利己的生活や無慈悲な生活にそれ相当の償いがあるように、その霊性開発の孤独な道もそれなりの埋め合わせがあります。悟りが深まるにつれて内的生命、内的輝き、内的喜び、内的確信が一層その強さを増していくのです。生命現象の全てが拠り所とする内的実在界の実相を味わい、神の愛の温もりをひしひしと実感するようになります。それが容易に成就されるとは私は一度も言っておりません。最高の宝、最も豊かな宝は、最も手に入れ難いものです。しかもそれは自らの努力によって自分一人で獲得していかねばならないのです。
 私はかつて地上で何年も生活し、こちらへ来てからも(三次元の世界の数え方で言えば)何千年もの歳月を過ごして来ましたが、向上すればする程宇宙の全機構を包括し大小あらゆる出来事を支配する大自然の摂理の見事さに驚嘆するばかりです。その結果しみじみと思い知らされていることは、知識を獲得し魂が目覚め霊的実相を悟るということは最後は皆一人でやらねばならない-自らの力で〝ゲッセマネの園〟に踏み入り、そして〝変容の丘〟に登らねばならないのだということです。
 悟りの道に近道はありません。代わりの手段もありません。安易な道を見つける為の祈りも儀式も教義も聖典もありません。いくら神聖視されているものであっても、そんな出来合いの手段では駄目なのです。師であろうと弟子であろうと新米であろうと、それも関係ありません。悟りは悪戦苦闘の中で得られるものです。それ以外に魂が目覚める手段はないのです。私がこんなことを説くのは説教者面をしたいからではありません。これまでに自分が学んだことを少しでもお教えしたいと望むからに他なりません。
 更に私は、一見矛盾するかに思えるかもしれませんが、人の為に役立ちたいと望む人々、自分より恵まれない人々-病める人、肉親を失える人、絶望の淵にいる人、人生の重荷に耐えかねている人、疲れ果て、さ迷い、生きる目的を見失える人、等々に手を差し伸べたいという願望に燃える人-要するに何等かの形で人類の福祉に貢献したいと思っている人が挫折しかけた時は、必ずやその背後に霊界からの援助の手が差し伸べられるということも知っております。
 時には万策尽き、これにて万事休すと諦めかけた、その最後の一瞬に救いの手が差し伸べられることがあります。霊的知識を授かった者は、いかなる苦境にあっても、その全生命活動の根源である霊的実相についての知識が生み出す内なる冷静、不動の静寂、千万人といえども我れ行かんの気概を失うようなことがあってはなりません。
 その奇特な意気に感じて訪れて来るのは血の繋がった親類縁者-その人の死があなた方に死後の存続に目を開かせた霊達-ばかりではありません。あなた方が地上という物質界へ再生して来るに際して神からその守護の役を命ぜられ、誕生の瞬間よりこの方ずっと見守り指導して来た霊もおります。そのお蔭でどれ程の成果が得られたか、それはあなた方自身には測り知ることは出来ません。しかし分からないながらも、その体験は確実にあなた方自身の魂と同時に、あなた方を救ってあげた人々の魂にも消えることのない影響を及ぼしております。そのことを大いに誇りに思うがよろしい。他人への貢献の機会を与えて下さったことに関し、神に感謝すべきです。人間としてこれ程実り多い仕事は他にありません。
 愚にもつかぬ嫉妬心や他愛ない意地悪から出る言葉を気にしてはなりません。そのようなものはあなた方の方から心の隙を与えない限り絶対に入り込めないように守られております。霊の力は避難所であり、霊の愛は聖域であり、霊の叡智は安息所です。イザという時はそれを求めるがよろしい。人間の心には裏切られることがありますが、霊は決して裏切りません。たとえ目に見えなくても常に導きを怠ることなく、愛の手があなた方の周りにあることを忘れないで下さい。
 私としては、たった一言であっても、私の述べたことの中にあなた方の励みになり元気付け感動させるものを見出して頂けば、もうそれだけで嬉しいのです。私達に必要なのは霊の道具となるべきあなた方です。豪華なビルや教会や寺院や会館ではありません。それはそれなりの機能があることは認めますが、霊の力はそんな〝建物〟に宿るのではありません。〝人間〟を通して授けられるのであり、顕幽の巨大な連絡網の繋ぎ手として掛け替えのない大切なものです。その道具たらんとして謙虚に一身を投げ打ってくれる人間一人の方が、そうした建造物全部よりも遙かに大切です。頑張って下さい。そしてこれからも機会を逃さず人の為、人の為、という心がけを忘れないで下さい。世間の拍手喝采を求めてはなりません。この世に生まれて来たそもそもの目的を果たしているのだという自覚を持ち、地上に別れを告げる時が来た時に何一つ思い残すことのないよう、精一杯努力して下さい。
 ここに集える私達一人ひとりが同胞の幾人かに霊的啓発をもたらすことによって、少しでも宇宙の大霊に寄与することが出来ることの幸せを神に感謝致しましょう。人間として霊として、こうして生を享けた本来の目的を互いに果たせることの幸せを感謝致しましょう。人の為に尽くすことに勝る宗教はありません。病める人を治し、悲しむ人を慰め、悩める人を導き、人生に疲れ道を見失える人を手引きしてあげること、これは何にも勝る大切な仕事です。
 ですから、こうして神の愛を表現する手段、才能、霊力を授かり、それを同胞の為に役立てる仕事に携われることの幸せを喜ばなくてはいけません。神の紋章を授かったことになるのだと考えて、それを誇りに思わなくてはいけません。これから後も人の為に役立つ仕事に携わる限り、霊の力が引き寄せられます。人生の最高の目標が霊性の開発にあることを、ゆめ忘れてはなりません。自分の永遠の本性にとって必須のものに目を向けることです。それは人生について正しい視野と焦点をもつことになり、自分が元来不死の魂であり、それが一時の存在である土塊に宿って自我を表現しているに過ぎないこと、心がけ一つで自分を通じて神の力が地上に顕現するという実相を悟ることになるでしょう。こうしたことは是非とも心に銘記しておくべき大切な原理です。日常の雑務に追いまくられ、一見すると物が強く霊が弱そうに思える世界では、それは容易に思い出せないものです。ですが、あくまで霊が主人であり物は召使です。霊が王様であり物は従臣です。霊は神であり、あなたはその神の一部なのです。
 自分がこの世に存在することの目的を日々成就出来ること、つまり自分を通じて霊の力がふんだんに地上に流れ込み、それによって多くの魂が初めて感動を味わい、目を覚まし、健全さを取り戻し、改めて生きることの有り難さを噛み締める機会を提供すること-これは人の為に役立つことの最大の喜びです。真の意味で偉大な仕事と言えます。地上のどの片隅であろうと、霊の光が魂を照らし、霊的真理が沁み渡れば、それでいいのです。それが大事なのです。それまでのことは全てが準備であり、全てが役に立っているのです。魂はそれぞれの使命の為に常に備えを怠ってはなりません。時には深い谷間を通らされるかもしれません。度々申し上げてきたように、頂上に上る為にはドン底まで下りなければならないのです。
 地上の価値判断の基準は私共の世界とは異なります。地上では〝物〟を有り難がり大切にしますが、こちらでは全く価値を認めません。人間が必死に求めようとする地位や財産や権威や権力にも重要性を認めません。そんなものは死と共に消えてなくなるのです。が、他人の為に施した善意は決して消えません。なぜなら善意を施す行為に携わることによって霊的成長が得られるからです。博愛と情愛と献身から生まれた行為はその人の性格を増強し魂に消えることのない印象を刻み込んで行きます。
 世間の賞賛はどうでもよろしい。人気というものは容易に手に入り容易に失われるものです。が、もしもあなたが他人の為に自分なりに出来るだけのことをしてあげたいという確信を心の奥に感じることが出来たら、あなたはまさに、あなたなりの能力の限りを開発したのであり、最善を尽くしたことになります。言い換えれば、不変の霊的実相の証を提供する為にあなた方を使用する高級霊と協力する資格を身に付けたことになるのです。これは実に偉大で重大な仕事です。手の及ぶ範囲の人々に、この世に存在する目的つまり何の為に地上に生まれて来たのかを悟り、地上を去るまでに何をなすべきかを知ってもらう為に、真理と知識と叡智と理解を広める仕事に協力していることになります。
 肝心なことはそれを人生においてどう体現していくかです。心が豊かになるだけではいけません。個人的満足を得るだけで終わってはいけません。今度はそれを他人と分かち合う義務が生じます。分かち合うことによって霊的に成長していくのです。それが神の摂理です。つまり霊的成長は他人から与えられるものではないということです。自分で成長していくのです。自分を改造するのはあくまで自分であって、他人によって改造されるものではなく、他人を改造することも出来ないのです。霊的成長にも摂理があり、魂に受け入れる備えが整って初めて受け入れられます。私共は改宗を求める宣教師ではありません。真の福音、霊的実在についての良い知らせをお持ちしているだけです。それを本当に良い知らせであると思って下さるのは、魂にそれを受け入れる備えの出来た方だけです。良さの分からない人は霊的にまだ備えが出来ていないということです。
 イエスはそのことを〝豚に真珠を投げ与えるべからず〟と表現しましたが、これは決してその言葉から受けるような失礼な意味で述べたのではありません。いかに高価なものをもってしても他人を変えることは出来ないのです。自分で自分を変えるしかないのです。私達は同胞の番人ではないのです。各自が自分の行為に責任を持つのであって、他人の行為の責任は取れません。あなたが行うこと、心に思うこと、口にする言葉、憧れるもの、求めるものがあなたの理解した霊的真理と合致するようになるのは、生涯をかけた仕事と言えるでしょう。
 あなたに出来るのはそれだけです。他人の生活を代わりに生きることは出来ません。どんなに愛する人であってもです。なぜなら、それは摂理に反することだからです。そうと知りつつ摂理に反することをした人は、そうとは知らずに違反した人よりも大きい代償を払わされます。知識には必ず責任が伴うからです。真理を知りつつ罪を犯す人は、同じ行為を真理を知らずに犯す人より罪の大きさが違うのです。当然そうあらねばならないでしょう。
 一個の魂に感動を与える如きにあなた方は神の創造の目的成就の一翼を担ったことになります。これはあなた方に出来る仕事の中でも最も重要な仕事です。魂に真の自我を悟らせてあげているのであり、これは他のいかなる人にも出来ないことです。但し、この仕事は協調の上に成就されるものです。私共霊側も強引に命令することはしたくありません。あなた方の理性を押しのけたり自由意志を奪ったりすることは致したくありません。あくまでも導くことを主眼としているのです。あなた方が何か一つ努力する毎に、私共がその目的に合わせ援助することによって、より大きな成果を挙げるように協力しているのです。協力し合うことによって人生の全てが拠り所とするところの霊的基盤に関わる重大な仕事に携わることが出来るのです。
 残念ながら多くの人間が実体と影、核心と外殻とを取り違えております。実相を知らずにおります。いわば一種の退廃的雰囲気の中で生きております-それが〝生きる〟と言えるならばの話ですが、霊の光の啓示を受けた人は幸いです。私としてはあなた方に、頑張って下さいとしか申し上げる言葉を知りません。霊の無限の力が控えております。イザという時にあなた方の力となって支えてくれることでしょう。
 自分がいかなる存在であるのか、何の為にこの世にいるのかについての正しい認識を失わぬようにして下さい。あなた方のようにふんだんに霊的知識に恵まれた方達でも、どうかすると毎日の雑事に心を奪われ、霊的実相を忘れてしまいがちです。が、それだけは絶対に忘れぬようにしなければなりません。地上という物的世界において生活の拠り所とすべきものはそれ以外にはないのです。霊こそ実在です。物質は実在ではないのです。あなた方はその実在を見ることも触れてみることも感じることも出来ないかもしれません。少なくとも物的感覚で感識している具合には感識出来ません。しかし、やはり霊こそ全ての根源であることに変わりありません。あなた方は永遠の実在であることを自覚して下さい。生命の旅路においてほんの短い一時期を地上で過ごしている巡礼者に過ぎません。
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ クラウドファウンディングの案内