自殺ダメ


 (自殺ダメ管理人よりの注意 この元の文章は古い時代の難解な漢字が使用されている箇所が多数あり、辞書で調べながら現代で使用するような簡単な漢字に変換して入力しています。しかし、入力の過程で、間違える可能性もあります故、どうかご了承ください)

 解説-本書を紐解かれる人達の為に-

 浅野和三郎

 本編を集成したものは私でありますが、私自身をその著者というのは当たらない。私はただ入神中のT女の口から発せられる言葉を側で筆録し、そして後で整理したというに過ぎません。
 それなら本編は寧ろT女の創作かというに、これも又事実に当てはまっていない。入神中のT女の意識は奥の方に微かに残ってはいるが、それは全然受身の状態に置かれ、そして彼女とは全然別個の存在-小桜姫と名乗る他の人格が彼女の体躯を支配して、任意に口を動かし、又任意に物を見せるのであります。従ってこの物語の第一の責任者は寧ろ右の小桜姫かも知れないのであります。
 つまるところ、本書は小桜姫が通信者、T女が受信者、そして私が筆録者、総計三人がかりで出来上がった、一種特異の作品、所謂霊界通信なのであります。現在欧米の出版界には、こう言った作品が無数に現れておりますが、本邦では、翻訳書以外にあまり類例がありません。
 T女にこうした能力が初めて起こったのは、実に大正五年の春のことで、数えてみればモー二十年の昔になります。最初彼女に起こった現象は主として霊視で、それは殆ど申し分なきまでに的確明瞭、よく顕幽を突破し、又遠近を突破しました。越えて昭和四年の春に至り、彼女は或る一つの動機から霊視の外に霊言現象を起すことになり、本人とは異なった他の人格がその口頭機関を占領して自由自在に言語を発するようになりました。『これで漸くトーキーが出来上った・・・・』私達はそんなことを言って歓んだものであります。『小桜姫の通信』はそれから以後の産物であります。
 それにしても右の所謂『小桜姫』とは何人か?本文をお読みになれば判る通り、この女性こそは相州三浦新井城主の嫡男荒次郎義光の奥方として相当世に知られている人なのであります。その頃三浦一族は小田原の北条氏と確執を続けていましたが、武運拙く、籠城三年の後荒次郎をはじめ一族の殆ど全部が城を枕に討死を遂げたことはあまりにも名高き史的事跡であります。その際小桜姫がいかなる行動に出たかは、歴史や口碑の上ではあまり明らかでないが彼女自身の通信によれば、落城後間もなく病にかかり、油ヶ壺の南岸、濱磯の仮寓で寂しく帰幽したらしいのであります。それかあらぬか、同地の神明社内には現に小桜神社(通称若宮様)という小社が遺(のこ)っており、今尚里人の尊崇の的になっております。
 次に当然問題になるのは小桜姫とT女との関係でありますが、小桜姫の告げる所によれば彼女はT女の守護霊、言わばその霊的指導者で、両者の間柄は切っても切れぬ、堅き因縁の絆で縛られているというのであります。それにつきては本邦並びに欧米の名ある霊媒によりて調査を進めた結果、ドーも事実としてこれを肯定しなければならないようであります。
 尚面白いのは、T女の父が海軍将校であった為に、はしなくも彼女の出生地がその守護霊と関係深き三浦半島の一角、横須賀であったことであります。更に彼女はその生涯の最も重要なる時期、十七歳から三十三歳までを三浦半島で暮らし、四百年前彼女の守護霊が親しめる山河に自分も親しんだのでありました。これは単なる偶然か、それとも幽冥の世界からのとりなしか、神ならぬ身には容易に判断し得る限りでありません。
 最後に一言しておきたいのは筆録の責任者としての私の態度であります。小桜姫の通信は昭和四年春から現在に至るまで足掛八年に跨りて現れ、その分量は相当沢山で、既に数冊のノートを埋めております。又その内容も古今に亘り、顕幽に跨り、又或る部分は一般的、又或る部分は個人的と言った具合に、随分まちまちに入り乱れております。従ってその全部を公開することは到底不可能で、私としては、ただその中から、心霊的に観て参考になりそうな箇所だけを、成るべく秩序を立てて拾い出してみたに過ぎません。で、材料の取捨選択の責は当然私が引き受けねばなりませんが、しかし通信の内容は全然原文のままで、私意を加えて歪曲せしめたような箇所はただの一箇所もありません。その点は特に御留意を願いたいと存じます。
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ