自殺ダメ


 (自殺ダメ管理人よりの注意 この元の文章は古い時代の難解な漢字が使用されている箇所が多数あり、辞書で調べながら現代で使用するような簡単な漢字に変換して入力しています。しかし、入力の過程で、間違える可能性もあります故、どうかご了承ください)

 瀑布の修行場では、私が実際瀑布にかかったかと仰るか・・・。かかりは致しませぬ。私はただ瀑布の音に溶け込むようにして、心を鎮めて座って居たまでで、そうすると何ともいえぬ無我の境に誘われて行き、雑念などは少しも兆しませぬ。肉体のある者には水に打たれるのも或いは結構でございましょうが、私共にはあまりその効能がないようで・・・。又指導役のお爺さんも『瀑布にはかからんでも、その気分になればそれでよい・・・』とのお言葉でございました。
 或る日私が統一の修行に疲れて、滝壺の所へ出てぼんやり水を眺めておりますと、ここの龍神様が、又もや例の白衣姿で、白木の長い杖をつきながら、ひょっくり私の傍へお現れになりました。
 『丁度よい機会であるから、汝を上の山へ連れて行って、一つ大変に面白いものを見せてあげようと思うが・・・』
 『面白いものと言ってそれは何でございますか?』
 『自分について来れば判る。汝は折角修行の為にここへ寄越されているのであるから、この際出来るだけ何かを見聞しておくがよいであろう・・・』
 もとより拒むべき筋合いのものでございませぬから、私は早速身支度してこの親切な、老いたる龍神さんの後について出掛けることになりました。
 瀑布の右手にくねくねと付いている狭い山道、私達はそれをば上へ上へと登って行きました。見るとその辺は老木がぎっしり茂っている、ごくごく寂しい深山で、そして不思議に山彦のよく響く所でございました。漸く山林地帯を出抜けると、そこはもう山のてっぺんで、芝草が一面に生えており、相当に見晴らしのきく所でございました。
 『実は今日ここで汝に雨降りの実況を見せるつもりなのじゃ。と申して別にワシが直接にやるのではない。雨には雨の受持ちがある・・・・』
 そう言って瀑布のお爺さんは、眼を閉じてちょっと黙祷をなさいましたが、間もなくゴーッという音がして、それがあちこちの山々にこだまして、やや暫く音が止みませんでした。
 と見ると、向こうに一人の若い男の姿が現れました。年の頃は三十ばかり、身には丸味がかった袖の浅黄の衣服を着け、そして膝の辺でくくった、やはり浅黄色の袴を穿き、足は草履に足袋と言った、甚だ身軽な扮装でした。頭髪は茶筌(ちゃぜん)に結っていました。
 『これは雨の龍神さんが化けて来たのに相違ない・・・』一目見た時に私は直ぐそう感付きました。不思議なもので、いつ覚えたともなく、その頃の私にはそれ位の見分けがつくのでした。
 お爺さんは言葉少なに私をこの若者に引き合わせた上で、
 『今日は御苦労であるが、ワシの所の修行者に一つ雨を降らせる実況を見せてもらいたいのじゃが・・・』
 『承知致しました』
 若者は快く引き受け、直ちにその準備にかかりました。もっとも準備と言っても別にそううるさい手続きのあるのでも何でもございませぬ。ただ上の神界に真心籠めて祈願するだけで、その祈願が叶えば神界から雨を賜ることのようでございます。つまり自然界の仕事は幾段にも奥があり、いかに係りの龍神さんでも、御自分の力のみで勝手に雨を降らしたり、風を起したりは出来ないようでございます。
 それはさて措き、年の若い雨の龍神さんは、瀑布の龍神さんと一緒になって、口の中で何か唱えごとをしながら、やや暫く祈願を籠めていましたが、それが終わると同時に、プイとその姿を消しました。
 『あれは今龍体に戻ったのじゃ』とお爺さんが説明してくれました。『龍体に戻らぬと仕事が出来ぬのでな・・・。その中直に始まるであろうから、暫くここで待つがよい』
 そんなことを言っている中にも、何やら通信があるらしく、お爺さんはしきりに首肯しておられます。
 『何か差し支えでも起きたのでございますか?』
 『いやそうではない。実は神界から、雨を降らせるについては、同時に雷の方も見せてやれとのお達しが参ったのじゃ。それで今その手筈をしているところで・・・』
 『まあ雷でございますか・・・。是非それも見せて頂きとうございます・・・・』
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ