自殺ダメ


 (自殺ダメ管理人よりの注意 この元の文章は古い時代の難解な漢字が使用されている箇所が多数あり、辞書で調べながら現代で使用するような簡単な漢字に変換して入力しています。しかし、入力の過程で、間違える可能性もあります故、どうかご了承ください)

 お客様が見えた時に、こちらの世界で何が一番物足りないかといえば、それは食物のないことでございます。それも神様のお使者や、大人ならば兎も角も、こうした子供さんの場合には、いかにも手持ち無沙汰で甚だ当惑するのでございます。
 致し方がないから、その時私は御愛想に瀧の水を汲んで二人に薦めたのでした。-
 『他に何もさし上げるものとてございませぬ。どうぞこの瀧のお水なりと召し上がれ・・・。これならどんなに多量でもございます・・・』
 『これはこれは何よりのおもてなし・・・雛子、そなたも御馳走になるがよいであろう。世界中で何が美味しいと申しても、結局水に越したものはござらぬ・・・』
 指導役のお爺さんはそんな御愛想を言いながら、教え子の少女に水を勧め、又御自分でも、さも甘そうに二、三杯飲んでくださいました。私の永い幽界生活中にもお客様と水杯を重ねたのは、確かこの時限りのようで、想い出すと自分ながら可笑しく感ぜられます。
 それはそうとこの少女の身の上は、格別変わった来歴と申す程のものでもございませぬが、その際指導役の老人から聞かされたところは、多少は現世の人々の御参考にもなろうかと存じますので、あらましをお伝えすることに致しましょう。
 老人の物語るところによれば、この少女の名は雛子、生まれて六歳のいたいけ盛りにこちらに世界に引き移ったものだそうで、その時代は私よりもよほど後れ、帰幽後ざっと八十年位にしかならぬとのことでございました。父親は相当高い地位の大宮人で、名は狭間信之、母親の名は確か光代、そして雛子は夫婦の仲の一粒種のいとし子だったのでした。
 指導役のお爺さんは続いてかく物語るのでした。-
 『御身も知る通り、こちらの世界では心の純潔な、迷いの少ないものはそのまま脇道に入らず、直ぐに産土神のお手元に引取られる。殊に浮世の罪穢に汚されていない子供は例外なしに皆そうで、その為この娘なども、帰幽後直ぐにワシの手で世話することになったのじゃ。しかるに困ったことにこの娘の両親は、きつい仏教信者であった為、我が子が早く極楽浄土に行けるようにと、朝に晩にお経を上げてしきりに冥福を祈っているのじゃ・・・。この娘自身はすやすやと眠っているから格別差し支えもないが、この娘の指導役を務めるワシにはそれが甚だ迷惑、何とか良い工夫はないものかと頭脳を悩ましたことであった。無論人間には、賢愚、善悪、大小、高下、様々の等差があるので、仏教の方便もあながち悪いものでもなく、迷いの深い者、判りの悪い者には、暫くこちらで極楽浄土の夢なりと見せて仏式で修行せらるのも却ってよいでもあろう。-が、この娘としてはそうした方便は毛頭なく、元々純潔な子供の修行には、最初から幽界の現実に目覚めさせるに限るのじゃ。で、ワシは、この娘がいよいよ眼を覚ますのを待ち、服装なども直ぐに御国降りの清らかなものに改めさせ、そしてその姿で地上の両親の夢枕に立たせ、自分は神様に仕えている身であるから、仏教のお経を上げることは止めてくださるようにと、両親の耳に響かせてやったのじゃ。最初の間は二人共半信半疑であったものの、それが三度五度と度重なるに連れて、漸くこれではならぬと気がついて、暫くすると、現世から清らかな祝詞の声が響いて来るようになりました・・・・。イヤ一人の子供を満足に仕上げるには中々並大抵の苦心ではござらぬ。幽界に於いてもやはり知識の必要はあるので、現世と同じように書物を読ませたり、又子供には子供の友達もなければならぬので、その取持ちをしてやったり、精神統一の修行をさせたり、神様のお道を教えたり、又時々はあちこち見学にも連れ出してみたり、心から好きでなければとても子供の世話は勤まる仕事ではござらぬ。が、お蔭でこの娘も近頃はすっかりこちらの世界の生活に慣れ、よくワシの指図をきいてくれるので大変に助かっております。今日なども散歩に連れ出した道すがら図らずもあなたに巡り会い、この娘の為には何よりの修行・・・あなたからも何とか言葉をかけてみてくだされ・・・・』
 そう言って指導役の老人はあたかも孫にでも対する面持で、自分の教え子を膝元へ引き寄せるのでした。
 『雛子さん』と私も早速口を切りました。『あなたはお爺さんと二人切りで寂しくはないのですか?』
 『ちっとも寂しいことはございません』といかにもあっさりした返答。
 『まァお偉いこと・・・。しかし時々はお父様やお母様にお会いしたいでしょう。いつかお会いしましたか?』
 『たった一度しか会いません・・・。お爺さんが、あまり会ってはいけないと仰いますから・・・。私そんなに会いたくもない・・・』
 何を訊かれてもこの娘の答は簡単明瞭、幽界で育った子供にはやはりどこか違ったところがあるのでした。
 『これなら修行も案外に楽であろう・・・』
 私はつくづくはらの中でそう感じたことでした。
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ