自殺ダメ


 (自殺ダメ管理人よりの注意 この元の文章は古い時代の難解な漢字が使用されている箇所が多数あり、辞書で調べながら現代で使用するような簡単な漢字に変換して入力しています。しかし、入力の過程で、間違える可能性もあります故、どうかご了承ください)

 その日はそれ位のことで別れましたが、後で又ちょいちょいこの二人の来訪を受け、とうとうそれが縁で、私は一度こちらの世界でこの娘の母親とも面会を遂げることになりました。中々しとやかな婦人で、しきりに娘のことばかり気にかけておりました。その際私達の間に交わされた問答の中には、多少皆様の御参考になるところがあるように思われますので、ついでにその要点だけここに申し添えておきましょう。
 問『あなた様は御生前に大そう厚い仏教の信者だったそうでございますが・・・・』
 答『私共は別に平生厚い仏教の信者というのでもなかったのでございますが、可愛い子供を失った悲嘆のあまり、阿弥陀様にお縋りして、あの娘が早く極楽浄土に行けるようにと、一心不乱にお経を上げたのでございました。こちらの世界の事情が少し判ってみると、それがいかに浅墓な、勝手な考えであるかがよく判りますが、あの時分の私達夫婦はまるきり迷いの闇に閉ざされ、それが我が娘の救われるよすがであると、愚かにも思い込んでいたのでした。
-あべこべの私共夫婦は我が娘の手で救われました。夫婦が毎夜夢の中に続けざまに見るあの神々しい娘の姿・・・・私共の曇った心の鏡にも、段々と誠の神の道がおぼろげながら映ってまいり、いつとはなしに御神前で祝詞を上げるようになりました。私共は全く雛子の小さな手に導かれて神様の御許に近付くことが出来たのでございます。私がこちらの世界へ参る時にも、真っ先に迎えに来てくれたのはやはりあの娘でございました。その折私は飛び立つ思いで、今行きますよ・・・と申した事はよく覚えておりますが、修行未熟の身の悲しさ、それから先のことはさっぱり判らなくなってしまいました。後で神様から伺えば、私はそれから十年近くも眠っていたとのことで、自分ながら我が身の不甲斐なさに呆れたことでございました・・・・』
 問『いつお娘さまとはお会いなされましたか・・・・』
 答『自分が気がついた時、私はてっきりあの娘が自分の傍にいてくれるものと思い込み、しきりにその名を呼んだのでございます。-が、いかに呼べど叫べど、あの娘は姿を見せてくれませぬ。そして不図気が付いて見ると、見も知らぬ一人の老人が枕辺にたって、じっと私の顔を見つめているのでございます。やがて件の老人がおもむろに口を開いて、そなたの子供は今ここにいないのじゃから、いかに呼んでも駄目じゃ。修行が積んだら会わせてあげぬでもない・・・・。そんなことを言われたのでございます。その時私は、何という無愛想な老人があればあるものかと心の中で怨みましたが、後で事情が判ってみると、この方がこちらの世界で私を指導してくださる産土神のお使者だったのでございました・・・。兎も角も、修行次第で我が娘に会わしてもらえることが判りましたので、それからの私は、不束(ふつつか)な身に及ぶ限りは、一生懸命に修行を励みました。そのお蔭で、とうとう日頃の願望の叶う時がまいりました。どこをドウ通ったのやら途中のことは少しも判りませぬが、兎も角私は指導役の神様に連れられて、あの娘の住居へ訪ねて行ったのでございます。あの娘の亡くなったのは六歳の時でございましたが、それがこちらの世界で大分に大きく育っていたのには驚きました。幼な顔はそのままながら、どう見ても十歳位には見えるのでございます。私は嬉しいやら、悲しいやら、夢中であの娘を両腕にひしと抱き抱えたのでございます・・・。が、それまでが私の嬉しさの絶頂でございました。私は何やら奇妙な感じ・・・かねて考えていたのとはまるきり違った、何やらしみじみとせぬ、何やら物足りない感じに、はっと驚かされたのでございます・・・・』
 問『つまり軽くて温みがなく、手で触ってもカサカサした感じではございませんでしたか・・・』
 答『全くお言葉の通り・・・折角抱いてもさっぱり手応えがないのでございます。私にはいかに考えても、こればかりは現世の生活の方がよほど結構なように感じられて致し方がございませぬ。神様のお言葉によれば、いつか時節が回れば、親子、夫婦、兄弟が一緒に暮らすことになるとのことでございますが、あんな具合では、たとえ一緒に暮らしても、現世のように、そう面白いことはないのではございますまいか・・・』
 二人の問答はまだ色々ありますが、一先ずこの辺で端折ることに致しましょう。現世生活にいくらか未練の残っている、つまらぬ女性達の繰言をいつまで申し上げてみたところで、そう興味もございますまいから・・・・。