自殺ダメ


 (自殺ダメ管理人よりの注意 この元の文章は古い時代の難解な漢字が使用されている箇所が多数あり、辞書で調べながら現代で使用するような簡単な漢字に変換して入力しています。しかし、入力の過程で、間違える可能性もあります故、どうかご了承ください)

 ここに私が神社に入ってから間もなく手にかけた事件がございますから、あまり珍しくもありませぬが、それを一つお話いたしてみましょう。それは水に溺れた五歳位の男の子の生命を助けたお話でございます。
 その子供は相当地位のある人・・・確か旗本とか申す身分の人の倅でございまして、平生は江戸住まいなのですが、お付の女中と申すのが諸磯の漁師の娘なので、それに連れられてこちらへ遊びに来ていたらしいのでございます。丁度夏のことでございましたから、子供は殆ど家の内部に居るようなことはなく、海岸へ出て砂いじりをしたり、小魚を捕えたりして遊びに夢中、一、二度は女中と一緒に私の許へお詣りに来たこともありました、普通なら一々参拝者を気に留めることもないのですが、右の女中と申すのが珍しく心掛けの良い、信心の熱い娘でございましたから、自然私の方でも目を掛けることになったのでございます。現と幽とに分かれておりましても、人情には変わりはなく、先方で熱心ならこちらでもツイその真心にほだされるのでございます。
 すると或る日、この子供の身にとんでもない災難が降って湧いたのでございます。御承知の方もありましょうが、三崎の西海岸には岩で囲まれた水溜りがあちこちに沢山ありまして、土地の漁師の子供達はよくそんなところで水泳ぎを致しております。真っ黒く日に焦げた体を躍り狂わせて水潜りをしているところはまるで河童のよう、よくあんなにもふざけられたものだと感心される位でございます。江戸から来ている子供はそれが羨ましくて堪らなかったものでございましょう、自分では泳げもせぬのに、女中の不在の折に衣服を脱いで、深い水溜りの一つに跳び込んだから堪りませぬ。忽ちブクブクと水底に沈んでしまいました。暫く過ぎてからその事が発見されて村中の大騒ぎとなりました。何しろ付近に医師らしいものはいない所なので、漁師達が寄ってたかって、水を吐かせたり、焚き火で暖めたり、色々手を尽くしましたが、とうとう時刻が経っている為にどうしても息を吹き返さないのでした。
 いよいよ絶望と決まった時に、私の許へ夢中で駆けつけたのが、例のお付の女中でございました。その娘はまるで半狂乱、頭髪を振り乱して階段の下に伏しまろび、一生懸命泣きながら祈願するのでした。-
 『小桜姫様、どうぞ若様の生命を取り留めて下さいませ・・・。私の過失で大切な若様を死なせてしまっては、ドーあってもこの世に生き永らえておられませぬ。たとえ私の生命を縮めましても若様を生かして頂きます。子供の時分から信心しておる私でございます、今度ばかりは是非私の願いをお聴き入れ下さいませ・・・』
 私の方でも心から気の毒に思いましたから、時を移さず一生懸命になって神様に命乞いの祈願をかけましたが、何分にも相当手遅れになっておりますので、神界から、一応は駄目であるとのお告げでございました。しかし人間の至誠と申すものは、こうした場合に大した働きをするものらしく、くしびな神の力が私から娘に、娘から子供へと一道の光となって注ぎかけ、とうとう死んだ筈の子供の生命が取り留められたのでございました。全く人間は真心一つが肝要で、一心不乱になりますと、体の内部から何やら一種の霊気と申すようなものが出て、普通ではとても出来ない不思議な仕事をするらしいのでございます。
 兎に角死んだ筈の子供が生き返ったのを見た時は私自身も心から嬉しうございました。まして当人はよほど有り難かったらしく、早速様々のお供物を携えて御礼に参ったばかりでなく、その後も終生私の許へ参拝を欠かさないのでした。こんなのは善良な信者の標本と言っても宜しいのでございましょう。
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ