自殺ダメ


 (自殺ダメ管理人よりの注意 この元の文章は古い時代の難解な漢字が使用されている箇所が多数あり、辞書で調べながら現代で使用するような簡単な漢字に変換して入力しています。しかし、入力の過程で、間違える可能性もあります故、どうかご了承ください)

 あまり多愛のないお話ばかり続きましたので、今度は少しばかり複雑な話・・・一つ願掛けのお話を致してみましょう。この願掛けにはあまり性質の良いのは少なうございます。大抵は男に情婦が出来て夫婦仲が悪くなり、嫉妬のあまりその情婦を呪い殺す、と言ったのが多いようで、偶(たま)には私の所へもそんなのが持ち込まれることもあります。でも私としては、全然そう言った厭らしい祈願にはかかり合わないことにしております。呪詛が利く神は、あれは又別で、正しいものではないのでございます。話の種子としては或いはその方が面白いか存じませぬが、生憎私の手許には一つもその持ち合わせがございませぬ。私の存じておりますのは、ただきれいな願掛けのお話ばかりで、あまり面白くもないと思いますが、一つだけ標本として申し上げることに致しましょう・・・。
 それは或る鎌倉の旧家に起こりました事件で、主人夫婦は漸く五十になるか、ならぬ位の年輩、そして二人の間にたった一人の娘がありました。母親が大変器量よしなので、娘もそれに似てひなに稀なる美人、又才気もはじけており、婦女の道一通りは申し分なく仕込まれておりました。これが年頃になったのでございますから、縁談の口は諸方から雨の降るようにかかりましたが、諺にも、帯に短し襷に長しとやら、中々思う壺にはまったのがないのでございました。
 すると或る時、鎌倉のある所に、能狂言の催しがありまして、親子三人連れでその見物に出掛けました折、ふと間近の席に人品の賤しからぬ若者を見かけました。『これなら娘の婿として恥ずかしくない・・・』両親の方では早くもそれに目星をつけ、それとなく言葉をかけたりしました。娘の方でも、まんざら悪い気持ちもしないのでした。
 それから早速人を頼んで、段々先方の身元を調べてみると、生憎男の方も一人息子で、とても養子には行かれない身分なのでした。これには双方とも大変に困り抜き、何とか良い工夫はないものかと、色々相談を重ねましたが、元々男の方でも女が気に入っており、又女の方でも男が好きだったものでございますので、最後に、『二人の間に子供が出来たらそれをやる』という約束が成り立ちまして、とうとう黄道吉日を選んでめでたく婿入りということになったのでした。
 夫婦仲は至って円満で双方の親達も大そう悦びました。これで間もなく身篭って、男の子でも生まれれば、何のことはないのでございますが、そこがままならぬ浮世の習いで、一年経っても、二年過ぎても、三年が暮れても、ドウしても子供が生まれないので、婿の実家の方ではそろそろ焦り出しました。『この分で行けば家名は断絶する・・・』-そう言って騒ぐのでした。が、三年ではまだ判らないというので、更に二年程待つことになりましたが、しかしそれが過ぎても、やはり懐胎の気配もないので、とうとう実家では我慢がし切れず、止むを得ないから離縁して帰ってもらいたい、ということになってしまいました。
 二人の仲はとても濃(こま)やかで、別れる気などは更になかったのでございますが、その頃は何よりも血筋を重んずる時代でございましたから、お婿さんは無理々々、あたかも生木を裂くようにして、実家へ連れ戻されてしまったのでした。今日の方々は随分無理解な仕打ちと御思いになるか存じませぬが、往時はよくこんな事があったものでございまして・・・。
 兎に角こうして飽きも飽かれもせぬ仲を割かれた娘の、その後の嘆きと言ったら又格別でございました。一月二月と経つ中に、どことはなしに体がすっかり衰えて行き、やがて頭脳が少しおかしくなって、良人の名を呼びながら、夜中に臥床から起き出して歩き回るようなことが、二度も三度も重なるようになってしまいました。
 保養の為に、この娘が一人の老女に付き添われて、三崎の遠い親戚に当たるものの離座敷に引越して参りましたのは、それから間もないことで、ここではしなくも願掛けの話が始まるのでございます。