自殺ダメ



 ワード氏が試みたる死後の世界の探検を紹介する前に、これにつきての概念を先ずここに紹介しておくことが適当かと存じます。死後の世界と申してもそれは極めて概括的な名称で、その内容は千差万別、とても人智の究極し得る限りではないようです。人間が自分の居住する地球表面の物質世界をどうやら探究し得たのも最近のことに属します。いわんや現肉体を以ってしては到底接触すべくもあらぬ無限に広く且つ深い死後の世界-それがどうして奥の奥まで探究することが出来ましょう。従来試みられたる霊界談なるものは、一番優秀なところで、ホンの霊界の入り口に立ってその内部の匂いを嗅いだだけです。ワード氏のは中々そんなものではなく、まっしぐらにその内部に突入して縦横無尽に駆け回って歩いているのであります。
 ワード氏の探検し得たのは死後の世界の中で第七界と第六界とだけです。氏は第七界をアストラル・プレーン(幽界)と呼び、第六界をスピリット・プレーン(霊界)と呼んでおります。第六界の奥(若しくは上)には更に第五界第四界・・・第一界まで存在するものと信ぜられていますが、第五界以上にはワード氏の探検の手は殆ど届いておりません。
 さてワード氏の研究に従えば第七界第六界共その内部は幾階段にも分かれます。第七界即ち幽界というのは或いは地界と云ってもよく、つまり地上の人間界までも含める物質並びに半物質の世界の総称で、其処に居住する者の特色は悉く一つの幽体を持っていることであります。人間にも勿論幽体がある。右の幽体は死の瞬間に於いて肉体と分離しますが、地上を去ること遠ければ遠きに従いて、ますます精錬され、浄化されて行き、最後に物質的には消え去るのであります。幽界全体は全て時空の支配を受け、一定の場所もあるようですが、しかし地上の物質界の規則通りのみにも行かないようであります。
 ワード氏は幽界を七つの境に分けています。即ち、
 一、暗黒境(地殻の極内部で、地獄に落つる霊魂の控所)
 二、薄明境(地殻の直ぐ内部で、凶悪なる霊魂の落ち行く所)
 三、地上境(現物世界)
 四、夢幻境(極微なる物質の存在する空想世界)
 五、執着境(地上の習慣が脱け切れざる霊魂の留まる世界)
 六、超執着境(食物、睡眠等の地上の習慣を放棄せる霊魂の居住地)
 七、大成境(第六界、即ち霊界に進むべき霊魂の居住地にしてその幽体は甚だ稀薄となる)
 幽界の第五境、第六境等の状況はワード氏が後から発表した『サバルタアン・イン・スピリット・ランド』の中に極めて巧妙精細に描かれていて、真に実地探検の名に背かぬものがあると信ぜられます。
 次に第六界即ち霊界というのは幽界を通過したる者、言わば幽界の過程を卒業したる霊魂が入り行く世界で、善霊にしろ、悪霊にしろ皆その幽体を失っております。その特質を挙げれば
 一、物質が全然消失していること
 二、空間が全く存在せぬこと
 三、時間も殆ど存在せぬこと(但し年代的の順序だけは存在す)
等であります。即ち霊界は場所の名称ではなくして寧ろ状態の名称であります。ですから霊界に入るということは場所から言えば同一場所に居るのかも知れないのです。霊界に在りては思想が全てであります。思想それ自身が形態を成して各自の眼に映ずるのであります。物質世界に在りては思想と形態との間に相当の距離があります。例えば甲の作った思想が乙という彫刻家によって一の肖像と化するまでには、相当の時間労力を要し、加えて思想と実物との間に多少の相違が生ぜぬとも限りますまい。霊界に在りては思想即ち形態であり、実物であるのです。
 ワード氏の探究によれば霊界は左の四つの境に分かれております。即ち
 一、信仰と実務と合一せる境
 二、信仰ありて実務の伴わざる境
 三、半信仰の境
 四、無信仰の境-地獄
 既に述べた通り、この四つの区別は無論状態の区別であって場所の区別ではありません。故に趣味性行が異なれば同一地上にありても霊的には別世界の居住者であるかも知れず、これに反して趣味性行を同じうすれば地上の人間と死後の世界に住む者との間にも交通感応が可能である筈であります。
 右の四境の中、下の二境、即ち『半信仰の境』と『地獄』とは、それぞれこれを代表する所の二つの霊魂-叔父さんのLと無名士官とによって詳しく本文に紹介されておりますからここに繰り返す必要を認めません。ただ上の二境、即ち『信仰と実務と合一せる境』と『信仰ありて実務の伴わざる境』とにつきては詳しいことがまだ著者によりて発表されておりませんから、暫くその概念だけをここに紹介しておきたいと存じます。
 『信仰ありて実務の伴わざる境』-これは『半信仰の境』よりはずっと明るく、夏の日の午前八時頃の英国の明るさに似ているといいます。この境に入る者は信仰心は強いが、ただいくらか偏狭で頑固で、そして信仰はありても実行はそれに伴い得ない連中であります。この境の最下部に居る霊魂は自分の属する宗派観念に固く捕えられ、ややもすれば狭隘(きょうあい)なる団体を作りてそれに引き籠る傾向があります。その顕著なる弱点は自分免許と退嬰保守とで、視界が自分の置かれている環境以外に殆ど延びません。
 ただ下の『半信仰の境』を経てこの境に上って来た者はこの種の弊害から脱却し、多くは公平綿密にこの境に見出さるる種々の信教を研究し、各教の内に包まれた肝要な真理のみを抽出しようと努めます。
 ワード氏の肉体を借りてこの境の状況を通信した霊魂中にPというのがあって色々有益な啓示をしております。中で面白いのは神々は沢山存在していてこれを崇拝する者の祈願に応ずると述べてあることであります。そしてPはエジプトの某神殿でオシリス神が出現したこと、インドの某神殿では軍神カルティケーヤが司宰していること等を報告しています。
 Pは又信仰の境域にある図書館の模様を述べています。これ等の図書館は何れもその規模が広大で、殆ど都市を欺くばかり、そしてその内部は三部に分かれているそうであります。第一部には地上で消滅した書籍ばかり集めてあるが、勿論一部分は地獄の方へ行っているから、それは地上に現れた全部の書籍ではないのだと言います。第二部には霊界で出来た書籍ばかり集めてあるが、地上の書籍とは大いに趣を異にしている。一言にして尽くせば皆絵本なのであります。即ち思想が絵画の形を以って示されているのです。第三部は殆ど書籍として取り扱い得ざる性質のもので、活動写真のような一の心霊書なのです。即ち大きな部屋に舞台のようなものを設けてあると其処へ事件やら人物やらが歴々と現れて活動する。これ等の書籍・・・寧ろ活動書の作者は特にそれに任命された学者達の仕事だということです。日本の青年霊媒後藤道明氏が出入往来を重ぬる瑞景閣(ずいけいかく)の模様などを聞いてみてもそれと大変類似の点が認められます。
 次に『信仰と実務と合一せる境』-これは殆ど何人も死後直ちに入るという訳には行かぬようです。ここに入る者は単に強き信念を有しているだけでは不充分で、よく偏狭な精神から超脱し、尚その上に人類愛を事実の上に発揮し得た者でなければなりません。要するにその信仰が実際の行為の上に表れ、生きている時から聖者と呼ばれた人でなければとてもその資格がないようであります。
 従って大抵の霊魂は死後の修業を積んでから初めてこの境に入って来るが、その歩みは頗る遅い。そして入ってからも随分長年月の間ここに留まらねばならぬようです。この境の光線は熱帯地方の真昼位で、あまり進歩していない霊魂にはとても明るさに堪えぬといいます。
 色々の宗教は段々上の霊界に進むにつれて統一されて行きますが、但しその統一という意義は全ての教義をゴチャゴチャにして混沌不鮮明なる信仰に導くという意義ではなく、各宗教の有する真理の部分だけを抽出し、虚偽の部分を棄てて、一大組織体を構成することのようです。
 この境に居住する霊魂は主としてその同胞、なかんずく地獄に落ちている者を救済することに従事し、間断なく其処へ降りて行くようです。十四世紀に死んだアムブロースという僧はその一身を殆ど全くこの仕事に捧げましたが、最後にその望みが叶って『火の壁』を通過して上の界へと消え去りました。その際彼の忠実なる愛犬は、主人の後を追い、敢然として『火の壁』を突き抜けて行き、同時に一人の婦人-それは彼の愛人であったが、僧であるが為に地上で結婚し得なかったのです-も共にこれに続いたといいます。
 さて右の第六界と第五界とを限る『火の壁』ですが、それは一体何であるか?
 ワード氏もこれに明答を与えていません。ある霊魂はそれを『第二の死』と呼びます。そして人間が死を畏れる如く、霊魂のある者はこれを畏れますが、ただ人間の死が不可抗力で来るのに反し、第二の死は霊魂の自発的覚悟で求められるのであります。
 第二の死は霊魂の形態に影響はするが、しかしこれが為に霊魂の実在が破壊さるる訳ではないようであります。火の壁を通過して上の境に居住する一人の天使がPに向かって左のように述べております。
 「第六界に下りている間は、自分は天使の姿をしているが、それは自分の元の姿ではなく、又地上に居た時の姿でもない。ただそうしようと念じてその姿を創るまでである。姿は自分の念じる通りになる。動物の姿になろうと念じれば直ちに動物になり、火焔の形になろうと念じれば直ちに火焔になる・・・。いわゆる悪魔と称する者にも、この力は具わっているが、その秘密はこれより以上に漏らすことは出来ない。兎に角火の壁の彼方のことは説き聞かす限りでないが、個性の失われぬことだけは保証する・・・・」
 第五界以上のことは第六界の居住者にとりて殆ど全然不明であるらしく、又其処から降りて来る守護の天使達も断じて秘密を漏らさぬようであります。一部の人達は火の壁を通過すると同時に霊魂はもう一度物質界に戻りて復活するのだと信じているようですが、それは必ずしも全部ではないようであります。宇宙間は全て七つの界に分かれていると言われていますから、上の方の界へズンズン向上する霊魂も必ず存在するに相違ないと思われます。火の壁の所から地上へ復活を命ぜられるのは恐らく下根の霊魂で、もう一度地上に降りて改造を要する者でありましょう。
       
       
自殺してはならない霊的な理由 自殺志願者は、まず[自殺の霊的知識]を読んで!
[自殺の霊的知識]へ